オタクをはなさないで

オタクの恋愛観や、オタクコンテンツについて書くブログ

マッチングアプリDineで晩御飯食べたのでレビュー

Dineとは

通常のマッチングアプリではいいねを送りあって、マッチングしたら会話をし、そこから会話に会話を重ねてじゃあ会ってみましょうか。となるのが出会いの形となる。

Dineはシステム上、マッチング=マッチング相手と飯を食べに行く、という形になっている。

これによりメッセージのやり取りの必要なく、とりあえず会える。という事が約束されている(かのように宣伝している)アプリです。

今回は実際に使ってみてマッチングできたので、その過程と理想と現実の差を書いていきたいと思います。

登録

登録時に自分の顔写真(n枚)、プロフィール、飲めるお酒、1週間の中で都合の良い曜日、プロフィール文章などを登録します。

飲めるお酒などを登録するのは珍しい、アプリの特徴的な点の一つです。

また面白い点としては自分の登録した顔写真の枚数までしか相手の顔写真も見ることができません。これは男女共に写真を多く登録させる為に非常にうまく作られた仕組みだと思います。

登録したら、Dineが予約してくれるお店のリストから行きたいお店を3店舗ほどチョイスします。これが自分のプロフィールで行きたいお店として表示されるという訳です。

マッチング過程

基本はTinderに似ていてカードスワイプ方式ですが、相手のプロフィールを表示するとその人の行きたいお店が表示されます。(三店舗未満) 相手にいいね!を送る際は、そのお店の中から行きたいお店を選んでスワイプする。そうすると相手に「リクエスト」という形でいいね!が届く。 そのリクエストを承諾すればマッチング成立ということになります。

マッチング後は、アプリ側で用意された定型文にのっとって、お店に行く日や行く店の優先順位を決めて相手にお伺いを立てます。ここら辺、文は自分で書かなくてよくて、選択肢を選択していけば勝手にメッセージが生成されて相手に送られるという形です。

やり取りの過程で日程とお店が決まったら、Dineの社員?の方が電話予約をしてくれるみたいで、予約完了するとチャットに予約完了のメッセージがきます。後は当日レストランに行くだけです。

メッセージは自分で打つことも可能ですが、定型文で済んでしまうことが多い気がします。他のアプリと違って会うためにガツガツメッセージをやり取りしなくても良いのはとてもいい所ですね。

当日

当日は適当に待ち合わせの予定をして、合流したらお店に向かいます。予約者名を伝えると、本当に予約されているので後はご飯食べながら話すだけです。二軒目とかは流石に予約されていないので、そこから先はご自由に、という感じです。

お会いした人も利用は初めてとのことで、お互いの身の上話とか恋愛話とかして和やかに終了しました。

一定期間やり取りがないチャットは勝手にアーカイブされて見れなくなります。ここら辺も親切設計?感があります。

良い点

マッチして予定さえ立てば、後はメッセージのやりとりとかしなくても確実に会えそうな感じが良いです。「相手と会う」ということ以外にも、「このお店でご飯が食べたい」という動機がお互いにあるので、予約が成立してしまえばその後は何もしなくても会える可能性が高いです。

会うまでに必要な

  • 会いましょう、まで持っていくためのチャット

  • 会う際、何をしようかという思考コスト

  • お店選びの思考コスト

を全てアプリ側で解決してくれるのはとても良い感じがあります。

あと、結構綺麗目な人が多い気がします。綺麗目な人がめっちゃ高いお店を行きたいお店としてバシバシ上げているのを見ると、やっぱ顔がいいのって人生得するんだな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜という世界の真理を感じることができます。

一方で、お手頃価格のお店を書いている人を見ると、いい人なんだな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜と簡単に落ちそうになります。

悪い点

全然マッチしません。一日15回ぐらいいいね!が送れるのですが、全然マッチしませんね。しかも明らかに遊びな感じの女性からリクエストとか来ても、奢るだけになるのやだな〜という気持ちになり承諾しない(貧乏性)ので永遠にマッチしない。

というか、男性が飯を奢るべきという社会的圧力がある中で、値段レンジ一人当たり5000~9999のお店に見ず知らずの人と行くのは正直憚られます。 お金持ちの暇な人が寂しくなったら使うのかな、という雰囲気があります。(実際、他のユーザーのマッチ報告バナーがあるのですが、年齢層はかなり高いです。)

これは悪い所、ではないのですが、女性の年齢層は20代後半より上の方がとても多そうです。

女性のプロフィールを見る限り、ご飯行きましょう、飲み友作りましょう、の気持ちが強い人が多いので、あまりここから恋愛に繋がる未来が見えないのも微妙だなと感じました。女性的には最初に良いご飯を奢ってもらうことで経済力チェックもできるのかな、とは思いますが、多分男性も真面目にやってる人少なそうなので、お金持ちの職種の男性が遊び相手見るけるアプリなのかなという印象で終わってしまいました。

その後

実は一人としか会っていないのですが、必要なくなったので退会しました。

感想

金が無限にあったらマッチした全員に飯を奢る遊びをしたいなと思いました。 このアプリで友達はできるかもしれないが、恋人が見つかる気配はないな〜というのが、現時点での感想です。Dineで付き合った報告増えてきたら見てみたい。(勝手なイメージですが、強い男性がブンブンして肉食女子と会うという意味で東カレデート感ある)

懲りずにオタク街コンに行ってきたのでレビュー

人生でオタク街コンに行くのは3回目。今回は完全に日記記事です。

前回までのあらすじ

dontleave.hatenablog.jp

dontleave.hatenablog.jp

今回は「行ってみたい」という友人がいたのでじゃあ行くか〜みたいな感じで行きました。

息をするようにオタク街コンに行く男。早く辞めたい。

  • 当日まで
  • 当日
  • 知見
    • 創作趣味は強い
    • 参加者の見た目について
    • 30代女性は婚活街コンに行った方が良い
  • その後
  • 結論

当日まで

今回はベーシックな男性参加料金:女性参加料金=10:1のモノをチョイス!

やはりオタク街コンを体感するならまず参加費の格差からくる哀愁を感じないわけにはいかないです。

現実問題として、婚活系のイベントならまだ安めな設定なのですが、彼は恋活ぐらいが良いとの事だったので、こちらを選択しました。 確かに恋活を選択した方が女性の年齢層も20前半〜中盤がメインになることが多いというのが体感です。

婚活だと女性の年齢層は20代後半から30代前半になります。

申し込んで当日を待つだけ!毎回思うけどカップリンクを登録する意味は特にない。毎回言うけどカップリンクのアプリはそもそもUIがイケてなさ過ぎる。ガラケー全盛の携帯Webページみたいなデザインをやめた方が良い。

続きを読む

ハイスペ男性街コンに行ってきたのでレビューと知見

これまでのあらすじ

dontleave.hatenablog.jp

dontleave.hatenablog.jp

結局特にその後発展はなかったので、今日も今日とて街コンに行っていきたい。

最早ありとあらゆる種類の街コンに行くことが目標になりつつあるので、どんどん変なやつに行ってみようと思ってます。

ということで今回は、色々あってハイスペ男性要件を満たすことができたので行っていました。

  • これまでのあらすじ
  • 当日まで
  • 当日
    • 始まるまで
    • 最中
    • 終了
  • 知見
    • 人数が少ないので、長く話せる
    • ハイスペに価値はない
  • その後
  • 結論
  • 街コンレビュー

当日まで

今回は主催会社さんのHPから申し込みました。男性6000円、女性2000円。珍しくまともな価格設定にまず感動。実は前回の街コンは女性無料で参加できていたようなので、なんというか・・・、まあもう突っ込んでも無駄なのでそういうものだと思っていきていくしかないですね。なので女性に1000円以上参加費が発生するのは感動でした。

感動はしましたが、女性が有料でも男性には特にメリットがないんですよね。

今回は特に前準備の案内とかはなかったので良かったです。

当日

六本木の某所で18時頃に集合でした。20分前ぐらいに会場についてしまいましたが会場がまだ空いておらず、スタッフのお兄さんたちが階段で飯食ってタバコ吸ってるなんかエモい感じのイベントが発生していました。ので適当にブラついてました。

開始10分前ぐらいにお店が開いたので入場。入場時に名前を口頭で確認されますが、特に身分証明書や会社確認などはなし。こういうの、薄々気づいてたけど適当なんでしょうね。どのハイスペ街コンも、参加資格は書いてあれど確認方法は身分証明書の提示としか書いてませんからね。是非該当しない方も潜っていくといいと思います。

始まるまで

プロフィールカードを書いて、飲み放題だったので飲み物をとって、開始を待ちました。普通の街コンと特に変わらないかな。

強いて言えば店内が非常に薄暗く、普通の街コンに比べてムーディーな雰囲気がありました。暗いと男女共に容姿が良く見えがちなので良い配慮ですね!!

参加者は男性11人、女性10人とほぼ一対一。参加条件が難しいので男性が集まらず、小さな会場になることが多そうな雰囲気でした。別に確認されないからみんな行けばいいのにね。俺は東大卒アジア周遊ベンチャー企業社長だ!!!みたいな雰囲気で行っても全然バレないと思います。

続きを読む

オタク向け婚活パーティーに行ってきたのでレビューと知見

これまでのあらすじ

dontleave.hatenablog.jp

という事で、相変わらず日常生活に出会いがないので、マッチングアプリを使っているのですが、やっぱりマッチングアプリは会うまでに時間がかかるしそもそもあまりいいね貰えないし、終わり。という事で懲りずに、本当に懲りずに街コンに参加しようと思いました。

そこでたまたま見つけたオタク向け街コン(というか婚活パーティー)が安かったので、参加してみました。

オタク向け街コンの時と比較しての感想など含め、当日の様子や感想、知見などを書いていきたいと思います。

前回の街コンはこちら

dontleave.hatenablog.jp

  • これまでのあらすじ
  • 当日まで
  • 当日
    • 始まるまで
    • 最中
    • 終了
  • 知見
    • 話す時間は短い方が良い
    • 一対一で話せる方が良い
    • アニメを見とけ
    • やはり動画見放題サービスは強い
    • 男性、若い方が良い
    • 連絡先が手に入らない
    • 常連が多いらしい
  • その後
  • 結論

当日まで

街コンポータルサイトで適当に探していたところ、男性参加費5500円というオタク婚活パーティーが!!!オタク街コンが平気で男性1万円近くを取ってくるなかこれは破格に良心的な設定だ!!!(感覚の麻痺)と思いながら申し込みました。開催場所は池袋、これだけで調べれば大体どこのかわかると思います。

前回の街コンと同じポータルサイトだったので、カップリンクというアプリに登録しておきましょう!みたいな案内がされるのですがこれは無視。実際必要ないです。カップリンクはUIもひどいのでやる気があるならもっとちゃんと開発した方が良いと思います。

当日

始まるまで

池袋の指定された会場へ向かいます。

主催会社さんが持っている会場で、受付を済ませて中へ。なんだか漫画とかアニメ系雑誌が本棚にずらりと置いてあったりと、配慮を感じる内装。テーブルで一対一に座れるように配置されており、各テーブルに番号札とプロフィールシート的なものが置いてあり、待ち時間でそれを書きます。会場には軽食・飲み物が用意されておりセルフサービス。よく考えると前回は居酒屋で飲み放題プランだった為高くなったのかな。どうせお酒飲んでも時間中は忙しくて味わからないしこれで十分だと思いました。

プロフィールシートには家族構成や住んでいる場所、職種、年収なども書く欄があり婚活ムードが高い。今回の目的が恋活か婚活か、結婚するまでの期間なども書く欄があります。もちろん好きな漫画やアニメ・ゲームなど書く欄もあり。

参加者は男性11人に対して女性7人、まあ極端に少ないわけでもなく、いいかなという感じ。

人が揃った時点でイベント開始。

続きを読む

彼女と別れた(8ヶ月ぶり3回目)

彼女と別れました(久々)

今回は交際期間約半年だったので、前回

dontleave.hatenablog.jp

に比べては驚きもなかったし、またショックも少なく済みました。

忘れないように今回の反省を書いていこうと思います。

  • 交際の概要
  • 原因
  • 反省
  • 学び
  • 今後
続きを読む

彼女と使える個人間送金サービス・アプリの比較

彼女と割り勘をするシーンはデートに要らない

タイトルの通り、彼女との割り勘をするシーンはデートに要らないシーンの一つである。

本当は「ここは俺が(私が)全部奢るよ!」というのが最良でかっこいいのだが、そんなことをし続ける経済的余裕がないのが多く人に当てはまる現実であろうし、世の常である。

割り勘という割り込み処理

割り勘にかかる時間は、デート中の時間の中で現実に引き戻される瞬間のうちの一つである。デート中の割り勘のデメリットとして

  • 現金が無ければATMを探さなくてはいけなくなったりする
  • 自分が今日使った金額を痛感することになる
  • 財布を出す・しまう動作もお互いに時間がかかるし面倒

などがあり、せっかく盛り上がっていたデートに水をさすと私は思う

個人間送金という解決策

根本的な解決にはなっていないが、個人間送金によるデート後の請求が解決策のうちの一つであると考える。効果としては、時短やデートに中断を挟まない効果が期待できる。

目次

  • 彼女と割り勘をするシーンはデートに要らない
    • 割り勘という割り込み処理
    • 個人間送金という解決策
  • 目次
  • 個人間送金サービス・アプリの比較
    • 比較表
      • 本人確認
      • 入金方法
      • レシート
      • 送金手数料
      • 送金額
      • 送金相手
      • 出金
      • 残高利用
      • 家計簿アプリとの連携
  • 終わりに
  • 比較サービスサイトリンク
  • 余談

個人間送金サービス・アプリの比較

個人間送金の手段の比較を行う。まず表を示し、各比較項目についてサービス間の比較を書く。今回取り上げなかった手段については気づいた時点で順次追加し、記事を更新していく。

比較表

比較表では一応従来の個人間送金手段としての銀行振込を含んで書いてみた。

項目 銀行振込 Kyash paymo LINE Pay Yahoo!ウォレット pring よろペイ
本人確認 口座開設時必要 不要 不要 必要 必要 不要 不要
入金方法 預入・口座振込 クレジットカード・コンビニ・Paeasy クレジットカード 銀行・コンビニ 銀行 銀行 クレジットカード
レシート 不要 不要 必要 不要 不要 不要 不要
送金手数料 一部有料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
送金額 自由 自由 レシートから算出される定額 自由 自由 自由 自由
送金相手 銀行口座 Kyash・各種連作先 Paymo・各種連絡先 LINEの友達 各種連絡先 pring よろペイ・各種連絡先
出金 - 不可 可(手数料あり) 可(手数料あり) 可(手数料あり) 可(手数料あり)
残高利用 一部可? VISA加盟店 AnyPay対応店 LinePay加盟店・JCB加盟店 Yahoo各種サービス pring加盟店 なし?
家計簿アプリとの連携 各種対応 moneyfoward・Zaim なし moneyfoward・Zaim Zaim なし なし
続きを読む

オタクがマッチングアプリ5種を3ヶ月やってみた感想・レビュー

はい

と言うことで、今日も元気にパートナー探しして行きましょう。

前回までのあらすじはこちら

dontleave.hatenablog.jp

dontleave.hatenablog.jp

dontleave.hatenablog.jp

ということでね、街コン、やっぱお金かかるんすわ。マッチングアプリ3ヶ月利用するお金で3時間いろんな人とあって全滅とかあるからね。まじでどうしようもないですよ。

後単純にガツガツ探しに行くのが疲れたんで、とりあえずマッチングアプリをゆるっとやって自分に納得させようということでやって行きます。

3ヶ月ほど出来るところは全て課金してやってみたので、ご参考になればと思います。

個別のアプリの詳細とかは特に書かないので、知ってるけどやった事ないとか、やって見て全然ダメなんだがどうなってるのこれ、という人向けの記事になります。

それぞれのアプリの詳細はググってください。

  • はい
  • マッチングアプリレビュー
    • Tinder
      • レビュー
      • 課金額
      • 反省
    • タップル誕生
      • レビュー
      • 課金額
      • 反省
    • Match.com
      • レビュー
      • 課金額
      • 反省
    • いきなりデート
      • レビュー
    • ハッピーメール
      • レビュー
      • 課金額
      • 反省
  • まとめ
  • 今後
続きを読む