読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクをはなさないで

身の回りのオタクの恋愛観や、オタクコンテンツについて書くブログ

オタクはなぜ彼女ができるとコンテンツ力が低下してしまうのか

私が学生時代の時、Twitterは学生間コミュニケーションをとる場としてかなり賑わっていた。 こう書くと聞こえはいいが、要するに深夜アニメのリアルタイム実況をみんなでしたり、授業が辛いだの起きただの、授業情報など、雑多な呟きが次から次へと流れてくる場であった。 その中で、非リアアピールや、社会風刺、とんちの効いたツイート、面白いことをつぶやいている人たちは「コンテンツ力が高い」人物として認識されていた。

私の知り合いにもコンテンツ力が高いと言われる人たちがそれなりにいたが、皆口を揃えて「彼女ができたらコンテンツ力が落ちる」と語っていた。 そして「最近あいつとがったツイートしないな、さては彼女ができたか?」という風にお互いを監視し合う文化があった。 実際に私に彼女ができて、なぜ皆そのようにコンテンツ力が下がってしまうのかを、自らの体験を通して思うところがあったので考察する。

以下、簡単に今回の記事で扱う「コンテンツ力」と呼ばれることは以下の通りである

  1. 過激な発言
  2. 行動力
  3. 行動の公開

発言に制約がかかる

SNSや現実での発言において、オタクは世界が敵みたいなものなので事あるごとにコメントをする。 しかし、交際を始めるとそのような発言は、少なくとも交際関係にある相手の発言としては好まれないことがわかる。声優の交際が発覚してメタクソに叩く、アニメについて批判的な発言を繰り返す、ろくに行動していないのに常に政治の話をしているような人間は好まれないのだ。 また、オタクの数少ないアイデンティティである非リア(非リア充)芸も不可能になる。 もし彼女がいるのに非リア芸を続けているのがバレようものなら周りから殺害されかねないし、かと言ってアピールも難しい。

よってこれまでしていた発言の数割が発言不可能になってしまう。またこれらの発言は内容が過激な分味わい深い場合が多いので、これらの発言がなくなると一気にコンテンツ性が低くなる。

行動に制約がかかる

交際が始まると、当然交際相手と過ごす時間が多くなる。そのためオタクの利点である暇が故のフットワークの軽さが失われるので、呼ばれたので今から徹夜でアニメ鑑賞だとか、推しの声優のイベントにに通うだとか、気持ち悪いけど読むと笑ってしまう風俗レポートだとか、そういう類のことがしにくくなってしまう。また、定期的なデートによって趣味に投じていたお金が削られるので、少なからずオタ活に影響が出てくる。

まとめ

彼女ができると制約が生まれコンテンツ性が落ちる。 しかし、よくよく考えるとまともな人間になっただけである。 ただ、あの頃に戻りたいとも思う。

男性読者視点の「東京タラレバ娘」その1

東京タラレバ娘について、感想を書こうと思う。

今回感想を書こうと思ったのは、最新刊(7巻)のオチがあまりにも衝撃的で、書かずにはいられなかったからだ。

というのも、早坂さんの描写について、逃げ恥で語られた「呪い」の男性版を感じだからだ。

男性側一個人の意見として、参考にしていただけると嬉しい。

  • イントロ
  • アラサー女子がやばいって話だけど、アラサーアラフォーオタク男子も大概じゃない?
  • (ネタバレ含む)早坂さんになんの恨みがあるのか
  • 男性への呪い
  • まとめ
  • おまけ
続きを読む

男性から好意を伝える難しさ

前回の続き

dontleave.hatenablog.jp

AさんがB君と別れた話について。

今回は「男性から好意を伝えること」の難しさについて考える。

男性から好意を伝えると引く人たち

続きを読む

「面白い人が好き」ってなんだよ

彼女の女友達が彼氏と別れたらしい。半年だった。

以前から話を聞いていて、かなり気になっていた。

というのも、彼女の友人(以下Aさん)が付き合っている彼氏(以下B君)は私とかなり似ている部分があったからだ。

それは

  • 同じような大学で修士課程まで修了して、6年間男の花園の中で生きてきたこと。
  • 話がつまらないこと。
  • 男性が女性の方をかなり好きで、言葉で積極的に好意を伝えていたこと。

の3点である。

続きを読む

恋愛経験、それは人生にとって大切なことかな

(ポロロン)

前回

dontleave.hatenablog.jp

の続きです。

なんで恋愛するんですか

前回散々「恋愛によって得られる価値は他から得られる」と書いたのだが、じゃあなんでそんなことを思っている私が交際しているかという話。

続きを読む

結婚しないので恋愛しない、みたいな

まずはじめに

主語が大きいことで起きる問題は避けたいのだが、どうにもこのブログを対象とする人々を表すスッキリしたワードが思い当たらない。

内気で真面目でサブカル好きが多く、何かに楽しく打ち込んで、それ以外に目がない彼らのことを、果たして「オタク」と呼ぶのが正しいかどうかはわからないが、当ブログではそういう愛すべき人たちを「オタク」と呼称させていただくことにする。

恋愛はコスパが悪い?

現実の恋愛などというものから30年近く、というか人生を通して遠ざかっている人々にとって、異性と付き合うということは異常事態である。それゆえ、特定の異性と長期間交際ですら困難なのに、チャラ男やチャラ子がレジャー感覚で男女交際を取っ替え引っ替え、ということはあまりにもハードルが高い、天空のお遊びである。

よってそれらに取り組むには多大な労力や精神力を必要とする。

そこまでしてする意味があるのか。そもそも友人と話していても思うのだが、結婚をしないのであれば恋愛ひいては交際をする必要はほとんどないと言ってもいいのではないか。

続きを読む

オタクに恋は難しいってレベルじゃない

初めまして

初めての投稿です。軽く自己紹介をしようと思います。

「あるくるあるこ」という名前です。理系で男でオタクでキモいです。どの程度かは後々の記事でにじみ出ると思います。

突然ですが、皆さん2016年の冬にかけて放送された「逃げるは恥だが役に立つ」をご存知でしょうか。36歳彼女いない歴=年齢の誠実な童貞が契約結婚の名の下に新垣結衣さん演じる10歳年下の女性となんやかんや幸せになるみたいな話でしたよね。そういう話でした。

その劇中で星野源さんが演じる平匡さんは恋愛のイロハ、キスのタイミングやら女性へのプレゼントやらなんやら、とにかく交際において必要な情報をネットから知ろうとする描写が繰り返しありました。

あれを見ていたみなさんは情けないと思ったでしょうか。

私はあれを見ていて

それ

それな

そり!!!!!

そりすぎてソリになった!!!!!!

みたいな気持ちでした。

なぜなら周りに女性と交際してる知り合いいないし、そういう話題に一切ならない。恋バナなんて終ぞしたことない。技術の話とアニメの話しかしたことない。いざ恋バナしようとしてもどこまで突っ込んだ話をしていいのかわからない。

そういう状況でいざ女性と交際しようとなった時頼もしいのはネットでした。

しかしネットを検索してみるとわかると思うのですがオタク男性向けのわかりやすい記事などがあまりない(書籍は少しある、「すべてはモテるためにある」とか「30歳の保健体育」など)(ご存知の方は教えて下さい)

最近流行りのオタクの恋愛モノも、女性目線の創作ものは男性がすでにまともな人間すぎて、また女性作家の場合、女性側の理想がかなり入っていて初期装備が強すぎるのであまり参考になりません。

男性作家の場合も同様で、作中に出てくるような女性はあまりいません。二次元だからね、しょうがないね。

ので書くか・・・となりました。

当ブログの目的

当ブログは自身の交際に至るまでの話や交際後の話を交えながら、実際に女性と交際しようと思ってor実際に交際して困ったところを逐一懇切丁寧に生々しくできる限り具体例などあげながら、理系男性の恋愛観や交際を経て得た気づきを紹介していきたいと思います。

なぜかというと、これは自分が同じ立場、つまり全く経験のない状態から女性と交際しようと思った時に、あまりにも情報収集が面倒で大変だったため、こういうブログがあって誰かの参考になれば・・・と思ったからです。

末長くお付き合い頂けると幸いです。