オタクをはなさないで

身の回りのオタクの恋愛観や、オタクコンテンツについて書くブログ

どこまでが性行為の同意か問題

はじめに

togetter.com

そもそも双方が「セックスしよう」「いいよ」ぐらい直接的な言葉でコミュニケーションできる仲であるならば、このような問題が発生しない。しかしここに至るまでには大変時間がかかるため、回りくどいことをしているのである。この「性行為同意認証プロトコル」は人によって規格が違うため、認証エラーが起こって悲劇が起こる。双方直接的に話すのが一番良い。

ざっと書き起こしたので、追記修正も思いついたら行う。

空気を読むとは

空気を読むという行為は、私のなけなしの人生経験を元に考えると、ほぼ80%程度は男性側の仕事であることが多い。

デートで行き先を決めるときに、ポンポンと行き先を提案して、その時の反応でどの行き先が最もよいか判断したり
夕食の後に帰るかどうか聞いた時の反応で次の行動を決めたり
そもそもそこで話を聞いて良いか様子を見て決めたり

と、挙げだしたらきりがない。ただこれは男性側がはっきりと自分の意見を言っている前提なので、要するに意見をはっきり言わない人が空気を読むことを相手に強いるのである。

これは、恋愛経験のような密な関係や、そもそもの人間関係の経験値が低い場合や、相手に甘えてそうなる場合が多いと感じる。

空気を読むことを強いられている側は正直負担にしかならないので、やめてほしい。

性行為の場合

今回は性行為にのみ焦点を当てて考えるが、なんだかわからないが女性には以上に述べた理由の他に「恥じらい」というものがあって踏み切れないという人が多い。

それでいて、男性が「君とセックスがしたい」と言った場合「体だけ」「デリカシーがない」「空気を読め」と避難するため、男性側も様子を見ながら非直接的な表現でアプローチせざるを得ない。

これが、「恋愛の駆け引き」であったり、「女性のサイン」として、恋愛指南書やサイトに堂々とかかれている。

ラブホテルの誘い方一つとっても「スマートなホテルの誘い方」と称して「もう少し一緒にいたい」だの「何もしないから休憩していこう」だの様々提案されている。「何もしないから」なんて文字通りの意味だと何もしないのに、人によって「無理やりされた」だの「ホテルまで行って何もしなかった」だの様々言われる。

ただ、こう言わないといけないという空気があるので多くの人はこう言っているのである。空気読んでるなぁ。

女性は始めるまで気持ちがわからない?

私の彼女の場合、気持ちが乗らなかったがいざことを始めると乗りに乗ってになってしまったという場合もある。

この場合ますますアプローチは難しくなる。実際に初めてみるまでどう転ぶかわからず、ますますアプローチコストは上がっていく。男性の草食化もまっしぐらだ。

ただ男性はこの望みにかけて、押してしまう人もいるだろう。また悲劇が生まれてしまう。

じゃあはっきりノーと言えばいいかと言われると、このままではイエスと言われる機会が極端に減ってしまい、性行為をしたい男性は困り果てる。もちろん男女関係は性行為だけではないが、性行為は二人の関係をとりもつ中で重要な位置を占めている場合が多いのではないだろうか(そうではない人には関係ない話ですね)

男性もまちまちだと思うが、女性より圧倒的に性欲は強いと思われるので、ずっと拒否されるのは考えものである。

結局のところ

結局のところ、謎の性行為認証プロトコルは社会に蔓延んしている。相手の雰囲気とか行動という入力を用いて各々が持つ判定関数を通して得た結果に基づいて行動している。双方のプロトコルは異なるため、認証エラーが起きて勘違いから悲劇が生まれる。最初にあげたような、食事を共にするだけで性行為への同意だと思ってしまう人たちは、この関数が過学習しすぎてるか最初からぶっ壊れてる人たちである。これは男女双方が言語という明確な通信手段を用いるようになれば、この問題は大部分で解決し、仮に言ってもわからない人がいたら明確に相手が犯罪者になるので、勘違いしていたという言い逃れがなくなって幾分マシになるのではないだろうか。

それを社会常識がないとか言って言い逃れするのはやめよう。あなたの社会も私の社会も違うのだから、社会常識などは通用しないと思って行動しよう。

あと、社会の空気を読まずに相手のことをしっかり見て、お互いの間でできるコミュニケーションをしっかりとることも大事である。お互いのことをわかっていれば、少々直接的な物言いは許してくれるだろう。そうであってほしい。

ということで、異性と会う時にその時に予定がなかったら酔っ払う前に「今日は食事が終わったら絶対に帰ります。気が変わっても一緒にお酒を飲む程度にとどめ、それ以上のことはあり得ません、楽しい時間を過ごしましょう」と言っておくといいのではないだろうか。多分、酔った相手を襲いたい人はぎょっとするだろうが、私はこう言われる方がずっと好きだ。

オチ

以上のことを踏まえて私は以前彼女に明確にしたいと言ってくれ、と言ったが結局半年経って明確なお誘いは1度しかなかった。まあ、前進したのかな・・・